スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~わたしたちの声を聞いてください~「生活保護利用者の座談会」的院内集会のご案内

~わたしたちの声を聞いてください~

「生活保護利用者の座談会」的院内集会のご案内

◎日時 2011年12月2日(金) 12時~15時 (受付11時40分開始)

◎場所 衆議院第一議員会館 第5会議室

生活保護の利用者が戦後「最多」となり、生活保護制度の「改革」が叫ばれています。国と地方の協議会、社会保障審議会生活保護基準部会、政策仕分けなど、多くの場面で改革についての話し合いが進められています。

しかし、果たしてそこには生活保護を利用している当事者からの声が一つでも反映されているでしょうか?

今、生活保護を利用している当事者は、なぜ生活保護を利用するに至り、どんな日々を送り、何を思い、そして、何かに希望をもって暮らしているのでしょうか。国は当事者の実情を知らないままで、どのような改革が実現できるのでしょう。

私たちは今回、生活保護を現在利用している、またはかつて利用していた当事者の声を聞いていただくために、標記のような集会を企画しました。

ご多忙とは存じますが、是非ともお集まりいただき、生活保護利用者の声をどうぞ聞いて下さい。

<進行予定>
1.あいさつ
2.趣旨説明
3.座談会
4.まとめ 代表幹事 尾藤 廣喜(弁護士)

<座談会参加予定者 >
・失業による保護利用者

・病気や障がいによる保護利用者

・依存症と向き合う保護利用者

・シングルマザー

・高齢の保護利用者

・DVによる保護利用者(参加者は変更になる場合があります。)

※報道関係の方は当日、報道の腕章等を必ずご用意くださいますようお願いいたします。

主催:生活保護問題対策全国会議

(連絡先)〒530-0047大阪市北区西天満3-14-16西天満パークビル3号館7F

TEL06-6363-3310 FAX 06-6363-3320

携帯090-3652-6884

弁護士 小久保 哲郎
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

座談会の感想

この様な企画や提案が出来る機会は私が知る限りでは無いのが現状です。私もプライベートで声かけ訪問をしていますが、一人一人は尊い存在です。それなのに、なぜ、社会から孤立をしてしまうのでしょうか。彼たちは、誰にも相談が出来ず一人で苦しんでいます。やがては、人を信じなくなります。今の社会は、保護するだけで自立には向かっていません、悲しい現実です。

No title

私も1年半生活保護を受けています。シングルマザーです。夫からは、浮気や、何度も蒸発され、借金をされ、其の取立ての連絡や対応の経験もあり、夫の気に入らない事があると生活費をいれてくれなかったりといろいろありました。しかし、自分は交通事故の後遺症のせいで、働く事もままならず二人の子供のために離婚はできませんでした。しかし、夫は女性と暮らすために、出て行き、私と子供は、マンションから追い出されてしまいました。保護を受けていると、ケースワーカーの機嫌が悪くなる事を言ったりすると、子供の分の手当を2ヶ月間抜かれてしまったりします。機嫌が治ると「来月の保護費にまとめて入金します」と、手紙が来ます。こんな働けない体でも現状をどうにかしたくて、職業訓練に通いたくても通わせてくれない。以前、治療のために通っていた日本でただ一人の腕の良い医者は他県の病院で働いているために通院させてもらえません。どうにかしてほしいと頼むと、子供の学校のことはおかまいなしに、『他県に引っ越すか、都内の病院にあなたのレントゲンを移して主治医を変えるように手続きします。」と脅され、せっかく何年もかけて見つけた主治医との関係を切り離されてしまいました。主人から受けていた行為の暴力と似た事をされている思いがします。社会的なハラスメントと受けている気持ちです。生きる道がない。どう、もがいてもです。一度、辛い体でも無理をして、働こうと思い面接に受かったことがありますが、会社にはしられたくない、生活保護のことを伝えなければならないシステムで、働く事を断念したことがあります。会社で働く新規採用者が保険に加入できないなんて知らなかった。一度、ほごになると、自立してはいけないなんて、そして、自立しにくいシステムなのに、ケースワーカーは私たちを馬鹿にした態度でしか接しない。悪法だと思った。そして、そこで働いている人達には悪い習慣が引き継がれているとしか思えない。人を馬鹿呼ばわりしている人もいて驚いた。

豊島区住在者様へ

心境お察し申し上げます。元夫からの暴力とケースワーカーの不適切な対応の狭間にあるお話の内容でした。そんな中、二人の子供をもつ母親の心境を思いますと社会の冷たさを感じます。先の小生のコメントで自立という文言を書きました。人それぞれ自立の意味合いが違うと思います。10人いれば10通りの行き方が有ります。自分探しが出来る居場所だ有ったらいいですね。きっと楽になりますね。文面には触れていなかったけど、子供たちは風邪などひいてませんか?来年は、一歩前に進める学習をしましょう。

Re: No title

辛いお気持ちを吐露していただきありがとうございます。こんな場でよければ率直に思っていることなどをお寄せください。
それから埼玉県での取り組みになってしまいますが、「暮らしとこころの相談会」http://www9.plala.or.jp/kurashitokenkou/でも毎週お話をうかがって問題を整理しながら解決を一緒に目指しています。機会があればお越しください。
春日さんもありがとうございます。
プロフィール

ほっとプラス

Author:ほっとプラス
NPO法人ほっとプラスは埼玉県内で野宿生活状態にある方、生活に困っている方の相談支援活動をしている団体です。

事務所を開設し、生活・福祉に関する総合的な相談窓口を設置しています。気軽にご連絡ください。

さいたま市周辺で生活困窮状態にある方の生活相談やニーズに対応できるような体制を目指しています。

事務所には、現在5人の社会福祉士が所属しており、生活相談をお受けいたします。

相談日時:原則として月曜日~金曜日 10時~17時 (土・日・祝日は休み)

〒337-0017
さいたま市見沼区風渡野359-3 タウンコート七里1階

電話:048-687-0920/070-6643-3361

FAX:048-792-0159
メール:hotplus@citrus.ocn.ne.jp

<役職員>
代表理事 藤田孝典
理事 鈴木雄一(連合埼玉 顧問)
理事 渡邉亜矢子(司法書士)
理事 木下大生(聖学院大学)
理事 藤崎稔(わらじの会)

事務局長 平田真基
事務局次長 川口諒
生活相談員 窪川大樹
生活相談員 井田寛

ボランティアスタッフ 村上千穂

監事 谷口太規(弁護士)

正会員・賛助会員・寄付募集
正会員・賛助会員・寄付・カンパを募集しております。 法人の活動や趣旨に賛同していただける方の賛助・寄付をお待ちしております。       ○正会員:個人・年会費10,000円 団体・年会費20,000円(総会での議決権あり)                                       ○賛助会員:個人・年会費5,000円 団体・年会費10,000円(総会での議決権なし)                                                        会員の方には、随時貧困問題や生活保護関連のイベントやニュース、集会案内、ほっとプラスの活動内容やイベントチラシをお送りします。 詳細は事務局までお問い合わせください。                   お申し込み:上記の法人事務局へ、メールまたはファックスで『会員希望』・『寄付希望』と記載し、お送りいただいた後、下記口座へご送金下さい。           埼玉りそな銀行七里支店 普通 4485611 特定非営利活動法人ほっとプラス
埼玉県NPO基金からの寄付募集!
ほっとプラスは埼玉県NPO基金登録団体です。埼玉県NPO基金を通じて、ほっとプラスへ「団体希望寄付」をいただくと寄付額のほぼ全額が確定申告後に還付されます。また一定額以上の寄付者で希望される方は、県知事からの感謝状授与や埼玉県NPO活動ホームページに掲載されます。法人は寄付の全額が損金扱いですし広報にも役立ちます。ぜひ個人、法人の方で地域の貧困対策を進めるほっとプラスにご支援をいただける方をお待ちしています。詳細や問い合わせは、埼玉県NPO活動推進課へ 048-830-2839
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ほっとプラス訪問者数
ほっとプラスおすすめ商品
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。