スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいたま市北区餓死事件に関する要望書提出~報道記事のまとめ~

反貧困ネットワーク埼玉は、さいたま市北区餓死事件に関する要望書をさいたま市に提出しました。

そのときの各紙報道記事が以下の通りです。

今後は再発がないように反貧困ネットワーク埼玉や他団体と連携しながら、行政の方と共に協働して、対策をすすめていきたいと思います。

2月29日埼玉新聞記事より引用>
反貧困ネットが市に要望書 北区3人死亡で

埼玉新聞2月29日

 さいたま市北区吉野町のアパートで、長期間放置された親子3人とみられる遺体が発見された問題で、市民団体「反貧困ネットワーク埼玉」の藤田孝典代表らが28日、さいたま市役所を訪れ、清水勇人市長に行政と民間が協力した生活困窮者支援体制の構築などを求める要望書を提出した。

 訪問したのは、藤田代表や堅十萌子弁護士、反貧困ネットワーク副代表の雨宮処凛さんら7人。

 要望書は、今回の問題が「特異なものではなく、同様の事件が再発する可能性が否定できない」と指摘。その上で、(1)民生委員や支援NPO団体、水道局やガス会社など幅広い関係者が継続的に協議できる機関の設置(2)困窮状態を知った人(ゲートキーパー)の照会先リストを行政、民間が協力して作成、配布(3)寄り添い型の支援体制を構築する-の3点を求めた。

 要望書を受け取った清水市長は「行政だけでは把握が難しいケースもある。要望いただいたものも含めて、検討したい」と回答。提出後に会見した藤田代表は「行政だけでは限界を感じている。私たちも過去の反省をし、行政と民間が協働して話し合える継続的で常設された協議会の場を設けてもらいたい」と話していた。


しんぶん赤旗2月29日記事より引用>
孤立防止 行政と民間の協力を さいたま市に反貧困ネット

しんぶん赤旗2月29日

 さいたま市北区で餓死と見られる一家3人の遺体が見つかった問題で28日、反貧困ネットワーク埼玉の藤田孝典代表ら7人が、さいたま市役所を訪れ、清水勇人市長に要望をしました。

 要望したのは(1)民生委員や支援NPO団体、福祉事務所、法律家、水道局、電力・ガス会社など幅広い関係者が加わる社会的孤立を予防する対策を講じる継続的な常設協議機関の設置や、生活困窮と接する機会のある者(ゲートキーパー)の啓発と養成(2)当事者が困窮した際、ゲートキーパーが照会すべき社会資源リストを行政、民間の協力で作成、配布(3)内閣府のモデル事業「パーソナル・サポート・サービス」などを参考にした寄り添い型の支援体制の構築―の3項目。

 清水市長は「住民登録していない人を認知することは、行政だけでは難しい。ゲートキーパーや地域住民、さらに民間団体の力をかりて協議機関をつくることを前向きに検討していきたい」と答えました。

 要請後の記者会見で藤田氏は「3人の被害者の発生を重く受け止めている。私たちには、何千件もの貧困の相談を受けてきた経験があり、弁護士や社会福祉士などの専門家もいる。行政に民間の力を加えた常設協議機関を設置することが重要だ」と強調しました。

埼玉新聞
http://www.saitama-np.co.jp/news02/29/05.html

毎日新聞
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20120229ddlk11040269000c.html

しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-02-29/2012022915_02_1.html

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20120228-OYT8T01299.htm

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120229/CK2012022902000054.html

NHK
http://www.nhk.or.jp/saitama-news/20120228185515_02.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私の友人が死にました。

彼は、サラリーマンでしたが旧友であった生活保護受給者の男に恐喝され、悩んだ挙句に自分で命を絶ちました。

私は殺した男も殺された男も昔からよく知っております。


生活保護を受けていた男は不正受給です。
精神病を偽り、もう何年も生活保護で優雅な暮らしをしていました。
朝からパチンコ、競馬とギャンブルで遊び歩き、ブランド品を身につけ、外食をしていました。

死んだ友人はマジメに懸命に働く男でした。
ですが、高い税金と、高い保険料、年金などで手取りはわずか12万円程度でした。

生活保護の男は完全に無税で医療費無料。
しかも病院でもらう精神薬を売りさばき、毎月30万円ほどの収入があったそうです。

そしてサラリーマンだった旧友はその生活保護の男に借金をしてしまいます。
理由は車の事故で急にお金が必要になったからです。

が、なにぶん高い税金と年金と保険料のためお金を払えない時があったようです。
生活保護の男は会社に言うぞとか実家におしかけるぞ、と毎晩脅し続けたようです。

もともと気の弱かった友人は仕事で疲れていたこともあり、突発的に命を絶ったようです。

彼の遺書にはこう書いてありました。

自分のように真面目に生きてきた人間がバカをみて
○○のようにズルをして生活保護でヌクヌクと暮らしてるやつらだけが得をする。
誰がこんな腐った国にしたんだ
生活保護を増殖させたやつらは人間のカスだ、死んでしまえ

という怒りでした。




友人を殺したのは、あなた達です。

生活保護の実態も知らず、ただただ「いいカッコ」したいがために国民に迷惑をかけているのがあなた達です。

あなた達は最低だ。
あなた達は人類の敵だ。

あなた達のような下劣な偽善者を糾弾する。
















No title

貴重な訴えをいただきありがとうございます。
私たちが想像もつかないほどの辛さを体験されたのだと思います。私たちも生活保護制度の不正受給が一部であるのは存じ上げています。明らかな不正受給を見聞きした場合・制度に疑問がある場合は、どなたでも福祉事務所に連絡をいただくことが重要と思います。不正受給問題は撲滅すべき重大な課題であると私たちも認識しています。しかし、誤解のないようにお伝えしたいのですが、生活保護利用者=不正受給者ではありませんし、とんでもない奴ではありません。極々一部にそのような者が存在している理由は、福祉事務所の職員不足や調査不足などです。福祉事務所の人員も一般的には足りていません。訪問や支援に人がいないのです。
それから、おっしゃるとおりで、税金も保険料も高額です。だから生活保護利用者も増加の一途です。これは生活保護利用者や支援団体などを非難して糾弾しても現状は変わらないと思っています。ほとんどの生活保護利用者は、福祉事務所へ申請を行い、多くの資産調査や扶養調査の後に「要保護性」を認められて保護受給にいたっています。要するに真に生活保護が必要なほど貧困状態にあるのです。これは事実です。だからこそ、その状態を放置すれば、貧困に苦しむ方が自殺してしまったり、餓死してしまったり、悲しい事件を生む要因になってしまいます。私たちは微力ですが、福祉事務所と連携しながら、貧困状態に苦しむ方を減らしたいと思っています。これは「いいカッコ」をしたくてしているのではありません。これ以上は見ていられなくて、自分のこととして活動しているという感情があります。私たちのような小さな団体ではなく、怒りを持っていく矛先がどこなのか、再度検討していただけたらありがたいです。本当によろしくお願いいたします。

拝読しました

投稿者さんへ

誰にも伝える事が出来なかった辛い胸の内をお話し下さいました。

心中御察し申し上げます。

小生も手取り20万円のサラリーマンです。家族三人で生活をしています。亡くなられた御友人の御気持ちが良くわかります。

「健康的で文化的な生活」とは無縁としか言えない状態です。

私も、最後のセーフティーネットが生活保護制度しか無い事に疑問を感じています。

第二 第三の保護制度が有れば、底まで落ちる前に自力で立ち上がれる方も沢山います。

御友人も、もしかしたらその限りでは無かったのでは?

一方では、この様な不正受給者も後を絶たない現実には激怒しています。おっしゃる通りです。一部の者の為に自立に向けて努力をされてる方の気持ちが閉ざされてしまいます。これは大変悲しい事です。

小生もボランティアスタッフとして活動をさせて頂いていますが、「寄り添いの気持ち」を大切にしてます。

誰にも相談が出来なくて、長い間、孤立 孤独 をしていた当事者です。会社人間で有る私達には想像も出来ない彼達です。

私達は、小さな組織ですが、社会の歯車の一員になれる様に自助努力をさせて頂きます。

今後とも宜しくお願いします。
プロフィール

ほっとプラス

Author:ほっとプラス
NPO法人ほっとプラスは埼玉県内で野宿生活状態にある方、生活に困っている方の相談支援活動をしている団体です。

事務所を開設し、生活・福祉に関する総合的な相談窓口を設置しています。気軽にご連絡ください。

さいたま市周辺で生活困窮状態にある方の生活相談やニーズに対応できるような体制を目指しています。

事務所には、現在5人の社会福祉士が所属しており、生活相談をお受けいたします。

相談日時:原則として月曜日~金曜日 10時~17時 (土・日・祝日は休み)

〒337-0017
さいたま市見沼区風渡野359-3 タウンコート七里1階

電話:048-687-0920/070-6643-3361

FAX:048-792-0159
メール:hotplus@citrus.ocn.ne.jp

<役職員>
代表理事 藤田孝典
理事 鈴木雄一(連合埼玉 顧問)
理事 渡邉亜矢子(司法書士)
理事 木下大生(聖学院大学)
理事 藤崎稔(わらじの会)

事務局長 平田真基
事務局次長 川口諒
生活相談員 窪川大樹
生活相談員 井田寛

ボランティアスタッフ 村上千穂

監事 谷口太規(弁護士)

正会員・賛助会員・寄付募集
正会員・賛助会員・寄付・カンパを募集しております。 法人の活動や趣旨に賛同していただける方の賛助・寄付をお待ちしております。       ○正会員:個人・年会費10,000円 団体・年会費20,000円(総会での議決権あり)                                       ○賛助会員:個人・年会費5,000円 団体・年会費10,000円(総会での議決権なし)                                                        会員の方には、随時貧困問題や生活保護関連のイベントやニュース、集会案内、ほっとプラスの活動内容やイベントチラシをお送りします。 詳細は事務局までお問い合わせください。                   お申し込み:上記の法人事務局へ、メールまたはファックスで『会員希望』・『寄付希望』と記載し、お送りいただいた後、下記口座へご送金下さい。           埼玉りそな銀行七里支店 普通 4485611 特定非営利活動法人ほっとプラス
埼玉県NPO基金からの寄付募集!
ほっとプラスは埼玉県NPO基金登録団体です。埼玉県NPO基金を通じて、ほっとプラスへ「団体希望寄付」をいただくと寄付額のほぼ全額が確定申告後に還付されます。また一定額以上の寄付者で希望される方は、県知事からの感謝状授与や埼玉県NPO活動ホームページに掲載されます。法人は寄付の全額が損金扱いですし広報にも役立ちます。ぜひ個人、法人の方で地域の貧困対策を進めるほっとプラスにご支援をいただける方をお待ちしています。詳細や問い合わせは、埼玉県NPO活動推進課へ 048-830-2839
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ほっとプラス訪問者数
ほっとプラスおすすめ商品
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。