スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月21日朝日新聞オピニオン欄『耕論』~誰がための生活保護~ に掲載

7月21日朝日新聞オピニオン欄『耕論』

7月21日(木)朝日新聞オピニオン欄『耕論』に大阪市長の平松邦夫さんと漫画家の浜田ブリトニーさんとともに藤田の意見が掲載されました。

現在、生活保護制度をめぐって、『国と地方の協議』が始まっています。

しかし、厚生労働省政務三役と地方自治体首長の会議以外は、密室(傍聴不可・マスコミ参加不可)において、厚労省と地方自治体の事務方で協議を行っています。

私たちは制度利用者が200万人を超えており、制度改正の影響ははかりしれないので、利用者や支援者の意見を聞く機会も設けるべきだと主張しています。

現場の意見を聞かずに制度改正に走ることは、社会福祉政策では異例なことです。

近年の介護保険制度や障害者自立支援法などの成立過程では、当事者の声を聞く機会が不十分ながらも用意されていました。
なぜ生活保護利用者や支援者の声は聞かなくていいのか理解に苦しみます。

また「自立」とは、生活保護制度を利用しない状態になることだけではないと思っています。
生活保護制度を利用しながらも働いたり、自分らしく暮らせるような多様な「自立」の概念を地域社会が取り入れていくことも重要です。

このような自立の概念に関する提言は、昨年内閣府の社会的居場所の議論(NPO法人自立生活サポートセンター理事長・稲葉剛氏ら)でも提唱されています。

生活保護制度を負担として捉え、財源論のみで安易に削減や切り下げ方法から、制度改正がなされることは許されないと考えます。

制度利用者一人ひとりに丁寧に向き合うケースワーカーの増員や専門職あるいは地域NPOとの協働、自治体による社会的雇用の創出など生活保護制度改正の前に行うべきことが山ほどあります。

それらの丁寧で将来を展望した政策論議がなされることを期待しています。
現在は残念ながら、提案されている政策に現場との乖離が甚だしく、長期的な展望もないままに、乱暴な議論がなされています。

今回はその関連で、テーマは『誰がための生活保護なのか』です。
お二人の提言もわかりやすく掲載されています。

現在、生活保護受給者は全国で200万人を超えています。戦後最多といわれています。
生活保護制度がどうあるべきか、その人らしい生活を社会全体で支えることができるのか、一緒に考えていただくきっかけになれば幸いです。

ぜひお読み下さい。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9月の夏は終わり?

 今日の日中は室温が34C゚ぐらいになったので冷房を入れて30C゚ ぐらいにしていたのが、夕方には前線が南下してきて26C゚ぐらい になりました。 電気の力をあれだけ使って涼しくしたの...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

こんにちは、神奈川県座間市で座間コミニティーを主催しています、またブログもしております。http://blog.goo.ne.jp/tosi_1968
プロフィール

ほっとプラス

Author:ほっとプラス
NPO法人ほっとプラスは埼玉県内で野宿生活状態にある方、生活に困っている方の相談支援活動をしている団体です。

事務所を開設し、生活・福祉に関する総合的な相談窓口を設置しています。気軽にご連絡ください。

さいたま市周辺で生活困窮状態にある方の生活相談やニーズに対応できるような体制を目指しています。

事務所には、現在5人の社会福祉士が所属しており、生活相談をお受けいたします。

相談日時:原則として月曜日~金曜日 10時~17時 (土・日・祝日は休み)

〒337-0017
さいたま市見沼区風渡野359-3 タウンコート七里1階

電話:048-687-0920/070-6643-3361

FAX:048-792-0159
メール:hotplus@citrus.ocn.ne.jp

<役職員>
代表理事 藤田孝典
理事 鈴木雄一(連合埼玉 顧問)
理事 渡邉亜矢子(司法書士)
理事 木下大生(聖学院大学)
理事 藤崎稔(わらじの会)

事務局長 平田真基
事務局次長 川口諒
生活相談員 窪川大樹
生活相談員 井田寛

ボランティアスタッフ 村上千穂

監事 谷口太規(弁護士)

正会員・賛助会員・寄付募集
正会員・賛助会員・寄付・カンパを募集しております。 法人の活動や趣旨に賛同していただける方の賛助・寄付をお待ちしております。       ○正会員:個人・年会費10,000円 団体・年会費20,000円(総会での議決権あり)                                       ○賛助会員:個人・年会費5,000円 団体・年会費10,000円(総会での議決権なし)                                                        会員の方には、随時貧困問題や生活保護関連のイベントやニュース、集会案内、ほっとプラスの活動内容やイベントチラシをお送りします。 詳細は事務局までお問い合わせください。                   お申し込み:上記の法人事務局へ、メールまたはファックスで『会員希望』・『寄付希望』と記載し、お送りいただいた後、下記口座へご送金下さい。           埼玉りそな銀行七里支店 普通 4485611 特定非営利活動法人ほっとプラス
埼玉県NPO基金からの寄付募集!
ほっとプラスは埼玉県NPO基金登録団体です。埼玉県NPO基金を通じて、ほっとプラスへ「団体希望寄付」をいただくと寄付額のほぼ全額が確定申告後に還付されます。また一定額以上の寄付者で希望される方は、県知事からの感謝状授与や埼玉県NPO活動ホームページに掲載されます。法人は寄付の全額が損金扱いですし広報にも役立ちます。ぜひ個人、法人の方で地域の貧困対策を進めるほっとプラスにご支援をいただける方をお待ちしています。詳細や問い合わせは、埼玉県NPO活動推進課へ 048-830-2839
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ほっとプラス訪問者数
ほっとプラスおすすめ商品
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。