スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月10日「わたしたちの声をきいてください!生活保護利用者デモ」

ほっとプラスでは以下の呼びかけに賛同し、ほっとプラスや反貧困ネットワークに参加する当事者の方たちと一緒にデモに参加する予定です。

呼びかけ人の和久井さんや高野さんは、普段から反貧困ネットワークの活動や震災支援ネットワークの活動、ほっとプラスの活動などで一緒に活動している仲間です。

ぜひ生活保護利用者が社会に声をあげていく機会を提供ください。
少しでも生活保護制度への理解や生活保護制度がよりよくなるようにご協力ください。
そしてご支援ください。

ほっとプラスでは、生活保護利用者が日本で初めて起こすデモ行動を応援しています。
生活保護利用をしていない方でも参加できます。一緒に街を歩きましょう!

ここから歴史は変わっていくはずです!

<以下、呼びかけ文全文>
~「わたしたちの声をきいてください!生活保護利用者デモ」の呼びかけ~

わたしたちは生活保護制度を利用して生きています。
毎日「最低生活費」で暮らしています。
思うようにならないことだらけの日々でした。
ずっと 家族の恥 社会のお荷物 と言われて過ごしてきました。

でも わたしたちにだって こころ がある。
傷つくことだってあるし、悲しいことだってある。
けど ずっと言えなかった。
世の中はいつもわたしたちにきびしい。
なかなか わかろうとしてくれない。
だから・・。

でも、今度ばかりは違う。
声に出して言ってみよう。

医療費に一部負担が導入されたら命にかかわる。
生活保護の利用期間が制限されたら そのあと どうしたらいいんだ。
イヤなことはイヤ、困ることは困る。
生活保護を改革するなら、国と地方のだけの密室協議ではなく、
わたしたちひとり一人の声をきいてほしい、と。

生活保護利用者のみなさん、
今 わたしたちの 声を こころを 一緒に伝えましょう!

~~「わたしたちの声をきいてください!生活保護利用者デモ」~~
◎日時  2011年8月10日(水) 16時15分集合  16時30分 デモ出発 (雨天決行)
◎場所  日比谷公園 霞門(かすみもん)集合(厚生労働省の向かい側)
        東京都千代田区日比谷公園
        JR 有楽町駅 徒歩8分 ・ 東京メトロ 霞ヶ関駅 B2出口
        都営三田線 日比谷駅 徒歩5分

☆生活保護利用者はもちろん、趣旨に賛同していただける方ならどなたでも参加を歓迎します♪
☆当日、往復交通費の合計が千円を超える生活保護利用者の方には、千円の交通費補助をお出しします。
☆当日は、報道関係等、写真や映像撮影が入る可能性があります。「顔等を撮って欲しくない」という方は、マスク・帽子・かぶりものなど、ご自分で工夫してガードをお願いします。
*暑さ対策を!
  →熱中症に備え、飲み水・タオル等の準備をお勧めします。
*歩きやすく!
  →カバン等は、手で持つものより、肩にかけたり背負ったりできる方が楽ですねぇ。


主催者 生活保護利用者デモ実行委員会
*****************************
和久井みちる(埼玉)  川西 浩之(東京)  武井智之(神奈川) 
高野 昭博 (埼玉)   加藤 孝 (東京)  

案内ブログ  http://d.hatena.ne.jp/seihodemo20110810/
連絡先    seihodemo20110810@gmail.com

【予定デモコース】
日比谷公園霞門~厚労省前~日比谷公会堂前(4階に大阪市・6階に指定都市市長会事務所)~外堀通り左折~数寄屋橋交差点~鍛冶橋駐車場前
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。デモの話をニュースで見させて貰いました。
出来ればデモでアピールした内容を詳しく知りたいのと、色々意見交換を行いたいと考えています
出来ればツィッターなどを利用したいのですが、アカウントお持ちでしょうか?

デモの件

関心を持っていただきありがとうございます。ほっとプラスの藤田と申します。

財政難を主な理由として、生活保護や社会保障が削られようとしています。
必要最低限の経費を削減すると後に社会的コストが増して社会不安が増長するとともに、当事者の生命や生活が維持できなくなると思っています。

安易な社会保障の削減には反対です。
そんな小手先の改革案を提示する暇があるなら、社会的雇用創出や社会的居場所づくりに尽力していただきたいと思っています。

twitterでもたまにつぶやいています。
アカウントは@fujitatakanoriです。

今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ほっとプラス

Author:ほっとプラス
NPO法人ほっとプラスは埼玉県内で野宿生活状態にある方、生活に困っている方の相談支援活動をしている団体です。

事務所を開設し、生活・福祉に関する総合的な相談窓口を設置しています。気軽にご連絡ください。

さいたま市周辺で生活困窮状態にある方の生活相談やニーズに対応できるような体制を目指しています。

事務所には、現在5人の社会福祉士が所属しており、生活相談をお受けいたします。

相談日時:原則として月曜日~金曜日 10時~17時 (土・日・祝日は休み)

〒337-0017
さいたま市見沼区風渡野359-3 タウンコート七里1階

電話:048-687-0920/070-6643-3361

FAX:048-792-0159
メール:hotplus@citrus.ocn.ne.jp

<役職員>
代表理事 藤田孝典
理事 鈴木雄一(連合埼玉 顧問)
理事 渡邉亜矢子(司法書士)
理事 木下大生(聖学院大学)
理事 藤崎稔(わらじの会)

事務局長 平田真基
事務局次長 川口諒
生活相談員 窪川大樹
生活相談員 井田寛

ボランティアスタッフ 村上千穂

監事 谷口太規(弁護士)

正会員・賛助会員・寄付募集
正会員・賛助会員・寄付・カンパを募集しております。 法人の活動や趣旨に賛同していただける方の賛助・寄付をお待ちしております。       ○正会員:個人・年会費10,000円 団体・年会費20,000円(総会での議決権あり)                                       ○賛助会員:個人・年会費5,000円 団体・年会費10,000円(総会での議決権なし)                                                        会員の方には、随時貧困問題や生活保護関連のイベントやニュース、集会案内、ほっとプラスの活動内容やイベントチラシをお送りします。 詳細は事務局までお問い合わせください。                   お申し込み:上記の法人事務局へ、メールまたはファックスで『会員希望』・『寄付希望』と記載し、お送りいただいた後、下記口座へご送金下さい。           埼玉りそな銀行七里支店 普通 4485611 特定非営利活動法人ほっとプラス
埼玉県NPO基金からの寄付募集!
ほっとプラスは埼玉県NPO基金登録団体です。埼玉県NPO基金を通じて、ほっとプラスへ「団体希望寄付」をいただくと寄付額のほぼ全額が確定申告後に還付されます。また一定額以上の寄付者で希望される方は、県知事からの感謝状授与や埼玉県NPO活動ホームページに掲載されます。法人は寄付の全額が損金扱いですし広報にも役立ちます。ぜひ個人、法人の方で地域の貧困対策を進めるほっとプラスにご支援をいただける方をお待ちしています。詳細や問い合わせは、埼玉県NPO活動推進課へ 048-830-2839
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ほっとプラス訪問者数
ほっとプラスおすすめ商品
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。