スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月16日午後10時~NHKスペシャル『生活保護3兆円の衝撃』でほっとプラスが紹介されます

9月16日(金)午後10時から放送予定のNHKスペシャル『生活保護3兆円の衝撃』において、ほっとプラスの活動が紹介されます。

長期経済不況やセーフティネットの不十分さから生活保護利用者が増えており、その責任を生活保護利用者本人に問うことだけでは前に進まないと思っています。

丁寧にお話をお聞きし、その人個々人に合わせた地道な自立支援や就労支援を組み立てていくことが重要であると思っています。

そして、私たちは生活困窮状態にある方が増えている現状において、相談支援や自立支援活動を福祉行政だけで行うことはもう困難であるとも認識しています。

丁寧な寄り添い型の支援は、私たちNPOによる社会福祉活動の特徴でもあり、強みであると思っています。
今後、福祉行政の方たちとより協働を深めながら、生活保護利用者の方の自立支援や生活支援に協力させていただきたいです。

さらに協働していただける福祉行政の方からの打診をお待ちしています。
私たちは福祉行政の方、生活保護利用者の方たちと共に悩み解決に向けて取り組む準備ができています。

また生活に困窮されている方は、我慢せず早めに気軽に相談ください。
私たちにできることがあるかもしれません。

番組をぜひご覧いただき、生活保護制度や社会保障について考え、前向きな議論を展開していただけたらと思います。

9月16日NHKスペシャル『生活保護3兆円の衝撃』
NHKスペシャル『生活保護3兆円の衝撃』

凄まじい勢いで増え続ける生活保護受給者。今年4月末の受給者は、全国で202万人を突破。世帯数で見ると146万世帯を超え、終戦直後の混乱期を上回り過去最多となった。給付額は3兆4千億円に達しようとしている。急増の背景には、リーマンショックを受け、2010年春に厚生労働省が65歳以下の現役世代への生活保護支給を認めるよう全国の自治体に促したことがある。
全国一受給者が多い大阪市では、市民の18人に1人が生活保護を受け、今年度計上された生活保護費は2916億円、一般会計の17%近くを占めている。危機感を抱く大阪市は「生活保護行政特別調査プロジェクトチーム」を設置、徹底的な不正受給防止にあたると共に、受給者の就労支援に乗り出している。しかし巨額の生活保護マネーに群がる貧困ビジネスは悪質化、肥大化し、摘発は進まない。また、就労意欲の低い受給者に職業訓練や就職活動を促す有効な手立てがない中で、不況下の再就職は困難を極めている。
東日本大震災の影響で今後受給者が更に増えるとも言われる中、今年5月から、国と地方による生活保護制度の「見直し」に向けた協議が始まっている。番組では非常事態に陥った大阪の生活保護をめぐる現場に密着。「働くことができる人は働く」という日本社会の根幹が日に日に毀損されていく状況をどうすれば止められるのか、そのヒントを探る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あんたら過保護だよ!!

あんたらみたいのがいるから甘えて生活保護から抜け出せないんだよ そんないたせりつくせりされて、そんなの 一度 あじわったら 生活保護 やめられなくなるの当たり前だよだよ!!!気ずけよ それくらい !.

No title

NHKスペシャルをご覧いただいた方から様々なご意見をいただきました。

皆さまのご意見はそれぞれ尊重すべき大事な点があります。

多くの方の意見をうかがいながら、当事者の方にとってどのような支援が望ましいのか、NPOの立場から考えて活動していきたいと思います。

今後も活動にご支援、ご理解いただきますようにお願いいたします。

藤田孝典
プロフィール

ほっとプラス

Author:ほっとプラス
NPO法人ほっとプラスは埼玉県内で野宿生活状態にある方、生活に困っている方の相談支援活動をしている団体です。

事務所を開設し、生活・福祉に関する総合的な相談窓口を設置しています。気軽にご連絡ください。

さいたま市周辺で生活困窮状態にある方の生活相談やニーズに対応できるような体制を目指しています。

事務所には、現在5人の社会福祉士が所属しており、生活相談をお受けいたします。

相談日時:原則として月曜日~金曜日 10時~17時 (土・日・祝日は休み)

〒337-0017
さいたま市見沼区風渡野359-3 タウンコート七里1階

電話:048-687-0920/070-6643-3361

FAX:048-792-0159
メール:hotplus@citrus.ocn.ne.jp

<役職員>
代表理事 藤田孝典
理事 鈴木雄一(連合埼玉 顧問)
理事 渡邉亜矢子(司法書士)
理事 木下大生(聖学院大学)
理事 藤崎稔(わらじの会)

事務局長 平田真基
事務局次長 川口諒
生活相談員 窪川大樹
生活相談員 井田寛

ボランティアスタッフ 村上千穂

監事 谷口太規(弁護士)

正会員・賛助会員・寄付募集
正会員・賛助会員・寄付・カンパを募集しております。 法人の活動や趣旨に賛同していただける方の賛助・寄付をお待ちしております。       ○正会員:個人・年会費10,000円 団体・年会費20,000円(総会での議決権あり)                                       ○賛助会員:個人・年会費5,000円 団体・年会費10,000円(総会での議決権なし)                                                        会員の方には、随時貧困問題や生活保護関連のイベントやニュース、集会案内、ほっとプラスの活動内容やイベントチラシをお送りします。 詳細は事務局までお問い合わせください。                   お申し込み:上記の法人事務局へ、メールまたはファックスで『会員希望』・『寄付希望』と記載し、お送りいただいた後、下記口座へご送金下さい。           埼玉りそな銀行七里支店 普通 4485611 特定非営利活動法人ほっとプラス
埼玉県NPO基金からの寄付募集!
ほっとプラスは埼玉県NPO基金登録団体です。埼玉県NPO基金を通じて、ほっとプラスへ「団体希望寄付」をいただくと寄付額のほぼ全額が確定申告後に還付されます。また一定額以上の寄付者で希望される方は、県知事からの感謝状授与や埼玉県NPO活動ホームページに掲載されます。法人は寄付の全額が損金扱いですし広報にも役立ちます。ぜひ個人、法人の方で地域の貧困対策を進めるほっとプラスにご支援をいただける方をお待ちしています。詳細や問い合わせは、埼玉県NPO活動推進課へ 048-830-2839
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ほっとプラス訪問者数
ほっとプラスおすすめ商品
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。